アユタヤ

アユタヤ観光のランチはエビセンターがおすすめ!クンパオが最高

更新日:

https://bangkok-marumi.com

アユタヤ観光へ行ったら、おすすめなのが「エビセンター」。

「え、アユタヤでエビ?」と思うかもしれませんが、アユタヤはエビの養殖が有名で、アユタヤ名物の一つなんです。

そんなエビや海鮮をたらふく食べられるのが「エビセンター」。(ちなみに我が家ではエビ市場と呼んでいますが・・・。)

アユタヤの中心地から車で10分ほどなので、観光へ行ったランチにおすすめなんです。

そんなエビセンターの場所やおすすめのお店、メニューなど紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

アユタヤ エビセンターとは

アユタヤエビセンターとは、アユタヤの中心地から車で10分ほどの場所にあります。

大きな道沿いにあって比較的目立つ施設。

そんなエビセンター内には、いくつかのお店が立ち並んでいてお店の前には新鮮なエビ、貝、魚などシーフードが盛り沢山!

食事以外にも、少しですがデザートやおもちゃを売っているお店もありますよ。

 

 

おすすめのお店

エビセンター内は同じようなお店がいっぱい並んでいて、どのお店で食事を使用か迷いますよね。

エビセンターは大きく分けてAゾーンとBゾーンがあります。

AゾーンよりもBゾーンの方がお店のレベルも高く、美味しいお店が多いと知り合いの人に教えてもらいました。

 

そんなBゾーンの中でも我が家がオススメするのが、こちらのお店。(すみません、名前が分かりません・・・。)

カシコン銀行ATMのところを入って黄色い看板が目印!

手前から2つ目のお店です。

 

 

店内の雰囲気

お店の前には生きているエビがいっぱい!値段ごとに分けられています。

エビの他にも貝や魚類が。

 

店内はとても広くて比較的綺麗!

トイレも店内奥にあり清潔感がありますよ。

なので、女性でも安心して入れるお店です。

お客さんは、ほぼタイ人。

ここで日本人を見かけたことがありません・・・。

 

 

メニュー

メニューは、英語に加えて日本語まで!

店員さんも英語が少し通じるので、助かります。

 

ここで絶対食べて欲しいのが、クンパオ(焼きえび)。

バンコク市内でも食べることが出来ますが、もうここのは絶品!

こんな感じでお店の前で生きたままのエビを焼いて持ってきてくれます。

プリプリで何匹でも食べれちゃうほど。

エビといっしょに持ってきてくれる、ちょっと辛いタレを付けて食べるとこれまた美味しい!

 

さらに、パットパックブン(空芯菜炒め)

このお店で初めて注文したんだけど、結構辛め。

でも美味しい!

 

息子大好きトートマンクン(エビのすり身揚げ)

元のエビが美味しいから、絶対美味しいに決まってる!

 

そしてトムヤムクン

こちらのは辛みよりも酸味が強め。

エビのダシもでてて美味しかったです。

 

エビチャーハン

 

隣のタイ人が食べてて美味しそうだからと注文した貝

何の貝か分からず・・・。

これはイマイチでした。

 

 

まとめ

エビが大好きな人には天国のような場所。

クンパオはお代わりし、さらにトートマンクンも2皿食べて合計1,860バーツ。

6人でこれだけモリモリ食べて1人約300バーツなら、コスパも良いですよね。

アユタヤに行ったらエビセンターおすすめです!

 

 

施設詳細

  • 施設名:アユタヤ エビセンター
  • 住所:98/8 Hantra Subdistrict, Hantra Subdistrict, Phra Nakhon Si Ayutthaya District Phra Nakhon Si Ayutthaya Province 13000
  • 地図Googleマップで地図を開く
  • その他:駐車場あり

 

 

-アユタヤ
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© たいろぐ -Thailog- , 2020 All Rights Reserved.