生活情報

Mカードはバンコク駐在者必須!作り方・アプリ登録方法まとめ

更新日:

https://bangkok-marumi.com

エムクオーティエやエンポリアムで買い物をしてお会計をすると、「Mカード ミー マイ カー?(Mカードお持ちですか?)」とよく聞かれます。

「へ?何それ?」とずっと思っていた私。

タイへきて、3ヶ月。

やっと生活にも慣れてきた私、ついに気になっていたMカード作っちゃいました!

 

スポンサーリンク

 

 

Mカードって何?

Mカードは、以下のショッピングモールで買い物をするたびにポイントを貯められるカードです。

日本でいえば、Tカードのようなもの。

貯められるショッピングモールは

  • The Mall
  • エンポリアム
  • エムクオーティエ
  • サイアムパラゴン
  • Bluport Huahin
  • The Mall  Skyport Donmueang
  • Gourmet Market Tarminal 21

などなどです。

主なものを上げましたが、まだあります・・・。

バンコクに住んでいれば、よく利用するショッピングモールばかりですよね。

 

ポイントは

  • 25バーツ買い物をごとに1Mポイント
  • エコバッグを持参すると10Mポイント
  • 誕生日の買い物がポイント5倍
  • 加盟店での買い物がポイント2倍

と貯めることができます。

 

さらに、上記ショッピングモールでの通常価格から5%引き、H&Mでは買い物15%オフ、BEAMSでの買い物が15%オフなど、他のお店でもお得がいっぱい。

これは作らなければ損!というカードです。

 

 

Mカードの作り方

Mカードは、タイに住んでいる(住所がある)方なら誰でも作ることができます。

もちろん駐在妻でもOK!

簡単に作ることが出来るので、紹介します。

作り方は2通り。

  1. ショッピングモールで作る
  2. アプリをダウンロードして登録する

両方の登録方法を紹介したいと思います。

自分に合った方法で作ってみましょう。

おすすめは、2番のアプリ。

ポイント残高を確認出来たり、クーポンをもらえたりするのでお得です。

 

 

1.ショッピングモールでMカードの作り方

私もショッピングモールで作りました。

所要時間は5分ほど。

必要なものは、

  • パスポート番号
  • 電話番号
  • タイの住所

です。

パスポートなどの現物は必要なく、番号が分かればメモでも大丈夫です。

 

上記で紹介した、ポイント加盟店であればどこでも作れます。

ちなみに私は、エンポリアム(通称エンポリ)の化粧品レジカウンターで作りました。

レジ横にMカード申込み用紙があるので、これに記入すればOK。

Mカード申込用紙

 

作成場所で分かりやすいオススメ場所は、エムクオーティエM階にある「インフォメーションカウンター」。

エムクオーティエサービスカウンター

BTSプロンポン駅を降りて直結で入ることができるフロアーなので分かりやすいとおもいます。

インフォメーションカウンター前は、イベントスペースになっていて催し物が週替わりで開催されています。

 

他にも、エンポリB1階にある「カスタマー・ツーリストサービスカウンター」で作ることができます。

作成場所へ行ったら「ヤーク タム Mカード(Mカードを作りたい)」といえば通じると思います。

あとは、申込用紙に必要事項を記入して、完了です。

 

Mカードが無事作成出来たら、以下で紹介するアプリにも登録しておくとMポイント残高を確認出来たり、クーポンをゲットできたりと便利です。

ただ、作成後すぐだとシステムに登録されておらず、ログインできません。

以下のようなショートメールが届いてから、登録するといいですよ。

SMSメッセージ

 

2.アプリからMカードの作成方法

スマートフォンのアプリダウンロードから「Mcard」と検索して、Mカードアプリをダウンロードしましょう。

以下のリンクからダウンロードすることもできます。

Mカードアプリダウンロードサイト

 

ダウンロード出来たら、アプリを開きましょう。

アプリを開くと最初に、ログイン画面が表示されます。

Mカードアプリ登録画面

カードを作成済みの人は、パスポート番号と電話番号もしくはメールアドレスを入力してログインしましょう。

ログインするとワンタイムパスワード入力画面になります。

携帯電話もしくはメールアドレスにワンタイムパスワードが届くので、入力すれば完了です。

 

 

アプリから登録の人は、下部にある「Apply Now」をタッチして、必要事項を入力していきます。

Mカードアプリ登録画面

最初に公告が表示されたら、右上にある「Next」をタッチして次ページへ進みましょう。

Mカードアプリ登録画面

パスポート番号と電話番号もしくはメールアドレスを入力して「Apply Now」をタッチします。

パスポート番号確認画面になるので、再度確認し合っていれば「OK」をタッチしましょう。

Mカードアプリ登録画面

 

個人情報入力画面に進みます。

情報を入力していきます。

Mカードアプリ登録画面

「OCCUPATION(職業)」の欄は、

  • Employee(会社員)
  • Government(公務員)
  • Self-Employee(自営業)
  • Housewife(主婦)
  • Student(学生)
  • Retired(退職者)
  • Other(その他)

から選びましょう。

入力出来たら、右上の「Next」をタッチ。

 

次に住所を入力していきます。

Mカードアプリ登録画面

郵便番号を入力して「Search」をタッチすると、主な住所が自動で入力されます。

あとは、マンション名、部屋番号、Soi、通り名などを入力すればOK。

お知らせメールなどが嫌な人は、右上のチェックも外しておきましょう。

全て入力出来たら右上の「Next」をタッチ。

 

興味のある項目を選択して右上の「Nest」をタッチ。

Mカードアプリ登録画面

最低1つは選択しましょう。

選択項目によってお得情報がもらえます。

 

使用している銀行、携帯電話、保険などを選択して「Nest」をタッチ。

Mカードアプリ画面

特にない場合は、選択しなくてもOK。

 

招待コードを入力。

Mカードアプリ登録画面

特にない場合は、何も入力せず「Next」をタッチ。

 

設定変更する場合などに使用する暗証番号を設定します。

Mカードアプリ登録画面

好きな番号6桁を入力しましょう。

再度確認のため番号6桁を入力。

 

お疲れさまでした。

次のようなMカード画面が表示されれば完了です。

Mカードアプリ登録画面

 

使用する場合は、中央の「QR」をタッチして、バーコードを表示させて読み取ってもらいましょう。

 

 

ポイントの使い方

ポイントの使い方も紹介しておきますね。

Mカードのアプリを開いて一番最初の画面、真ん中の方に「M POINT」というのがあるので、それを選択。

もしこの画面じゃない場合は、一番下の真ん中にプレゼントのマークがあるので、そこを選択しましょう。

 

Mポイントの画面に切り替わったら、こんな感じになります。

使うポイント数によって、割引額が違いますよ。

一番上のを例にすると80Mポイントで10バーツの割引です。

ポイントを出来るだけ多く貯めて、一度に使用する方が割引額が大きくなりますよ。

 

使用したいクーポンをタップすると、クーポン使用上の注意が出てきます。

注意事項を読んだ後、使用する場合は一番下の赤いボタンをタップしましょう。

QRコードが表示されるので、それをレジの人に見せればOK。

一度タップすると24時間以内に使用しなければ無効になるので、タップするときは注意です。

 

 

まとめ

来タイしたばかりの頃は、どこに何が安く売っているのかもわからず、便利なエムクオーティエやエンポリアムでばかり買い物していた私。

もっと早くMカードを作っていれば、もっとポイントを貯めれていたに・・・と後悔。

アプリをダウンロードするだけで簡単に作れるので、ぜひ作っておきたいおすすめのカードです。

無料なので、ぜひ作っておきましょう!

 

こちらもCHECK

ネットで簡単『The 1 Card』の作り方解説!アプリ登録も

続きを見る

 

 

-生活情報
-, , , , ,

© 2020 たいろぐ -Thailog-