パタヤ

飛行機を改造したカフェ【331Station】コックピットも楽しめる!

投稿日:

https://bangkok-marumi.com

ずっと行ってみたかったカフェ「Coffee War 331 Station」。

実際に使用していた巨大飛行機をカフェに改装したお店で、なかなか入ることができないコックピットに入ることが出来ることでも有名なんです。

去年のオープンしたての頃はめちゃくちゃ混雑していたのですが、やっとお客さんも落ち着いてきたようなので先日行ってきましたよ。

大人も子供もテンション上がりまくりのカフェでした!

 

スポンサーリンク

 

 

お店の場所

Coffee War 331 Stationは、チョンブリ県を南北にはしるルート331の通り沿いにあります。

カフェの名前にも331と通りの名前が入っているので、分かりやすいですよね。

地図ではこちらの場所。

巨大プールのテーマパク「ラマヤナウォーターパーク」やパワースポットとしても有名な「ワットカオシーチャン」の近くなので、近くに行った行っても良いかも。

 

 

お店の様子

まず駐車場代として30バーツを支払って敷地内に入っていきます。

広い敷地ですが、しっかり係の人が誘導してくれますよ。

写真に納まらないくらい広い敷地なのですが、雰囲気はこんな感じ。

敷地内には大きな飛行機3機、カーゴ牽引用車さらに自衛隊機やプロペラ機まで見ることができましたよ。

自由に写真を撮ることができるので、こんな感じで乗って撮るのもOK!

エンジンはかからなくても、運転席に乗るだけでも息子は楽しかったみたい。

なかなか降りてくれませんでした・・・。

こんな人形も(笑)

 

 

機内のカフェへ

1人100バーツを支払えば、飛行機の機内へ入ることができますよ。(子どもは無料)

この100バーツには、入場料にドリンク代も含まれています

なので、意外とリーズナブル。

料金を支払ってドリンクを選ぶのですが、かなり豊富なメニュー。

コーヒーやソーダー系、スムージーなどどれでも自由にセレクトできますよ。

ドリンクを選ぶと、こんなチケットをもらえます。

実際の飛行機のチケットのようで、手が込んでいますよね。

 

タラップを上っていざ機内へ。

機内は飛行機の座席にテーブルがそれぞれ設置されいましたよ。

昔の座席なのかな?座り心地はそれほど良くはなかったです(笑)

機内の中央部分にはバーカウンター。

注文したドリンクが出来上がるとチケットに書かれている番号で呼び出されるので、ここでドリンクを受け取ります。

私たちはレモネードソーダにカフェラテ。

飛行機メインかと思いきや、コーヒーも結構美味しかったですよ。

 

 

コックピットも見ごたえ抜群

コックピットにも自由に出入りすることができます。

息子はこちらにも興味津々!

ハンドルも動くし、ボタンやスイッチも推すことができます。

ドラマで見たことはあったけど、実際にみるとボタンやモニターの多さにビックリ!

これは大人もテンション上がっちゃいますね。

 

 

まとめ

こんなカフェは日本になかなか無いタイならではのカフェでしたよ。

ちなみに敷地内には大きな飛行機が3機あって、入れるのは2機。

まだまだ工事を進めていたので、もっと広がっていくのかなぁ。

注意点としては、飛行機それぞれに入場料100バーツがかかります

なので、入りたい方の飛行機を選んでチケットを購入するようにしましょう。

我が家はそれを知らず・・・入りたい方に入れなかったんです。

追加で入場料を払えばよかったのですが、もうお腹タプタプであきらめました・・・。

他にお土産物屋やレストランもありましたよ。

飛行機好きじゃなくても楽しめること間違いなし!

とっても楽しいカフェでした。

 

 

店舗詳細

Coffee War @ 331 Station

住所333 Phlu Ta Luang, Sattahip District, Chonburi 20180
地図Googleマップで地図を開く
TEL+66(0)83-111-9595
営業時間8:00~17:00
定休日なし
その他駐車場(30バーツ)、トイレあり
WebsiteFacebook

 

近くの場所もCHECK

【カオシーチャン大仏壁画】パタヤの巨大パワースポット

続きを見る

【ラマヤナウォーターパーク】パタヤにあるタイ最大級のプールが楽しい!

続きを見る

-パタヤ
-

© 2021 たいろぐ -Thailog- Powered by AFFINGER5