日本人学校

シラチャ日本人学校の入学準備品・持ち物まとめ

更新日:

4月からの日本人学校入学前に、先日入学説明会&体験入学へ参加してきました。

その時の記事はまた別にまとめているので是非読んでみてください。

関連記事
タイ日本人学校シラチャ校の説明会&体験入学へ参加!

続きを見る

 

我が家は現在バンコク在住で、シラチャ校の事を質問できる知り合いもおらず。

なので、子どもがすでにバンコク日本人学校に通っているママさんにある程度の準備品を聞いていました。

が、説明会に参加してみると準備品がバンコク校とシラチャ校で少し違うではありませんか!

ということで、シラチャ校日本人学校の入学準備品・持ち物リストをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

シラチャ校日本人学校入学準備品

入学説明会で入学までに準備して欲しいものとして挙げられたのが以下のものです。

品目備考指定購買
かばん自由(両手が自由になるものが望ましい)
運動靴通学・体育の授業等で兼用できるもの ※体育館・ホール以外靴の履き替えはありません
体操服ポロシャツ、短パン
紅白帽子
体育着入れ自由 ※体操服、紅白帽が入った体操着入れを「体育セット」と呼んでいます
体育館シューズ靴底の白いものが望ましい
シューズ入れ自由
水泳セット水着、水泳帽子、ゴーグル、ビーチサンダル、バスタオル、これらを入れる水泳バッグ、ラッシュガード(希望者)
水筒割れない丈夫なもの(ひも付きが望ましい)
弁当箱ランチョンマット、保冷剤
歯磨きセット歯ブラシ、うがいコップ、コップと歯ブラシを入れる巾着袋
筆箱実用的なもの(缶ペンケースでないもの)
鉛筆2B~4B(5本程度)、赤、青鉛筆、角形でころがらないもの
消しゴムむだな飾りやにおいの無い良く消せるものが望ましい
定規筆箱に入る長さで、無駄な飾りのない透明なものが望ましい
下敷きシンプルなもの
道具箱30cm×21cm×6cmくらい (A4用紙が入るもの)
色鉛筆・クーピー12色程度
クレヨン・クレパス12色程度
はさみ先のとがっていないもの(丸いもの)が望ましい
のりスティックタイプと水のりの両方が望ましい
カスタネット音楽の時間に使用
図書バッグ図書貸し出し用(A4版の本が入るもの。布製が望ましい)
雑巾2枚 ※小学1年生の子が絞ることのできる厚みのもの(B5~A4サイズ)、名前を書く必要なし

かばんは、シラチャ校ではランドセルが主流

ただ、リュックの子もいるので必ず買わなくてはいけないというものではありません。

 

ラッシュガードは、日差しが強いタイではほぼすべての子が着用しています。

指定の体操服はこんな感じ。

サイズもおおよその身長で分けられています。

ちなみに写真は、バンコク校で行われた説明会の写真です。

体操服は例年2月頃、小学校へ入学書類の提出にいくので、その時に購入するのがおすすめ。

書類提出には子供は行く必要がないため、普段来ている服などを一緒に持参すると便利ですよ。

 

 

入学時配布

また、入学時に配布する学用品としては以下の物がありました。

品目備考指定購買
国語・算数・タイ語ノートB5版
自由帳無地
連絡帳罫線入り
クリアケースA4版が入る大きさ
名前ペンファイルやノートに記名する油性ペン
赤鉛筆
青鉛筆
書き方ペン書写の時間に使用
鉛筆2B~4B

以上のものは、入学時に全員に配布されるので、準備する必要はないと思います。

 

 

順次準備するもの

さらに、入学後すぐには使わないけれど順次準備しておくものとして、以下の物がありました。

  • 算数教材(ブロック・けいさんカード・とけい)
  • 探検バッグA4サイズ(ダイワD型)
  • 短なわとび(体育)
  • 鍵盤ハーモニカ(音楽)
  • 絵の具セット(12~24色、筆(細・中・太)、水入れ、パレット、絵の具バッグ、水吹きタオル)

この辺りは、事前に用意しておいてもいいかもしれませんね。

算数セットはこんな感じ。

日本で使用するようなものは、必要ないようです。

 

 

まとめ

我が家では、現在の幼稚園で使用しているもの(お道具箱など)をそのまま持ち上がりで、体操服、算数セット、探検バッグのみ購買で購入しましたよ。

お弁当箱や水着など以外は、ほぼ全て購買で揃うので大丈夫です。

ただ、購買は日本で購入するよりも少し割高になっているので、お安く揃えたい場合は日本で購入してくるのがおすすめ。

この記事が私のような情報迷子の方のお役に立てば嬉しいです。

 

 

-日本人学校
-,

© 2020 たいろぐ -Thailog-