子供遊び場

BOUNCEは子供が目一杯体を動かせるトランポリンパーク。大人も運動不足解消に最適!

更新日:

https://bangkok-marumi.com

バンコクに住んでいると、子どもが目一杯身体を動かせる機会・場所が少なくて困りますよね。

親としては子供にはしっかりと運動して、たくさん食べて、ぐっすり眠って、すくすく育ってほしいものです。

バンコクには色々な室内遊び場があってしっかり身体を動かすことができますが、そんな中でも特に目一杯身体を動かすことができるスポットが「BOUNCE」。

トランポリン専用の遊び場で、場所もBTSプロンポン駅直結のエムクォーティエ内にあるので、アクセスも便利。

そんな「BOUNCE」で遊んできたので、BOUNCEの料金、混雑具合、トランポリンの種類などなど気になることをまとめて口コミしたいと思います。

これから行く方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

BOUNCEの場所

BOUNCEはエムクォーティエの4階にあります。

エムクォーティエ内にある映画館の横にあります。

BTSプロンポン駅の1番出口から出て、階段を降りずにそのままエムクォーティエ内に入ります。

エムクォーティエ内に入ったら、一番近くにあるエレベーター(サービスカウンター、エスカレーターの裏)で上がるとすぐです。

G階からだとMACの前のエレベーターで上がるとBOUNCE内に到着します。

エレベーターで上がるとバウンス内の一番奥に到着するので、受付カウンターまで真っすぐバウンス内を通り抜けていきましょう。

 

 

BOUNCEの料金

まずは入ってすぐの受付カウンターで申込みをします。

受付は英語でOKでした。

料金は以下の通り。

 

少し見え辛いので、表にまとめてみました。

チケットの種類
1時間2時間(追加料金)
一般(身長110cm以上)490バーツ300バーツ
学生390バーツ300バーツ
子供(3歳以上、身長110cm未満)390バーツ300バーツ
家族(大人2人、子ども2人)1,500バーツ

※2時間欄に記載の料金は、1時間の料金にプラスされる料金です。

 

料金は、定員さんの目視で行われます。

息子は身長110cm以上あり学生証を持っていませんでしたが、390バーツ(約1,326円)でOKでした。

 

専用靴下必須

バウンスでは、入場するために専用の靴下が必要になります。

初回は必ず購入することになり、1足85バーツ(約289円)です。

靴下裏に滑り止めが付いていて、ケガ防止になりそうです。

2回目からは、靴下持参OK!

 

 

割引情報

BOUNCEはJCBカードで支払うと、20%割引になります。

かなりお得なので、JCBカードを持っている方は持参で行きましょう。

 

さらにツーリストカードでも15%割引がありました。

赤い矢印で示しているのがツーリストカード

今年の配布は既に終了していますが、もし持っていたら是非!

 

 

トランポリンの種類

トランポリン専用の遊び場というだけあって、トランポリンも様々なものが設置されていました。

まず一番目立つのが、フリージャンプスペース。

誰でも入ることができ、自由にジャンプすることができます。

スペースも一番広く取られていて、小さい子でも怪我しないように工夫されていました。

 

さらにスラムダンクエリア。

男性ならトランポリンを上手に使ってダンクできるかも?

 

そして、ドッヂボールスペース。

ジャンプしながらポールを投げるのは、簡単なようで難しそうでした。

 

そして、ビッグバッグスペース(身長110cm以上必要)。

写真ではわかりずらいですが、左奥にトランポリンがあります。

トランポリンで勢いよくジャンプし、クッションのようになったスペースへドボン!

どのままドボンとジャンプする子もいれば、少し大きい子は宙返りしてドボンとする子もいたり様々でした。

 

テクニックゾーン(身長110cm以上必要)。

トランポリンのネット部分が少し柔らかくなっていて、より高くジャンプすることができるようでした。

中学生くらいの子は宙返りをするなど、とにかくクルクル回っていました。

息子はここでジャンプするのが楽しかったようで、半分以上はここでジャンプして遊んでいましたよ。

 

 

その他に

パーティースペース

大人には、カフェでゆっくりお茶を飲みながら待てるようなスペースもありました。

さらにはロッカーも。

4時間40バーツで使用できる有料ロッカーも。

4時間を過ぎると1時間ごとに10バーツ加算されます。

子供と一緒に遊ぶには、荷物を預けられるので安心ですね。

もちろん無料のロッカーもありましたよ。

 

 

混雑具合

バウンスでは、10時スタートから1時間、11時から、12時からと時間が決められていています。

スタートから終了までアナウンスがあるので、そのアナウンスに従って出入りします。

手首には紙のバンドが付けられ、それで区別しているようでした。

なので、途中の時間から参加しても終了時間になれば退出しなければなりません。

(10:15に入っても11:00退場という風に。)

出来るだけ長い時間遊びたい場合は、前ターンの終了時間少し前に行って入り口で待っておくのがベスト。

私が行ったときもスタート時間前には、子どもがいっぱい入り口で並んで待っていましたよ。

 

私は、土日の11時スタートの回に行ったのですが、それほど混雑しておらず息子も広々とジャンプして遊べて楽しかったようです。

 

 

まとめ

1時間390バーツと少々お高めな値段ですが、かなり身体を使うので体力が有り余っている子にはおすすめ。

室内遊び場でも小学校低学年を超えると、物足りなくなってきますよね?

そんなお兄ちゃんお姉ちゃんにもおすすめです。

子供1人で行っても、定員さんがいっぱいいて一緒に遊んでくれたりします。

5歳の息子は1時間体力がもたず、最後の方はドッヂボールスペースでサッカーをして遊んでいました(笑)

その日の夜は、久しぶりに思いっきり遊んで疲れたのかぐっすり寝てくれました。

トランポリンは、体幹が鍛えられるだけでなく、全身の筋肉を使うので足の柔軟性、バランス感覚を養うことができます。

大人にとっては、ダイエットにもなります。

BOUNCEおすすめですよ。

 

 

店舗詳細

  • TEL:02-014-2446
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:なし

 

※1バーツ=3.4円で計算しています。

 

 

-子供遊び場
-, , ,

PICK UP記事と広告


Copyright© たいろぐ -Thailog- , 2020 All Rights Reserved.