美容・ファッション

「Little Stitch」バンコクで日本技術の洋服お直し

更新日:

https://bangkok-marumi.com

お気に入りのワイドパンツのファスナーが壊れてしまった・・・。

ミシンは日本に置いてきたし、もうあきらめて捨てちゃおうかとも思ったんだけど、お直しに出すことに。

お直ししてもらったのは、アソークのターミナル21内にある「Little Stitch(リトルステッチ)」。

制服をテディベアのサイズにリメイクしてくれることでも有名なお店。

お直しに出して帰ってきたワイドパンツは、購入時よりもファスナーが上げ下げしやすくなってて、とても良い感じに。

そんなリトルステッチでのお直し依頼の流れや、料金などまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

記事内のお店の写真は移転前のお店の写真です。

リトルステッチの場所

リトルステッチは、BTSアソーク駅から徒歩5分ほどのビル内にあったのですが、2019年12月にアソーク駅前にあるターミナル21内に移転しました。

地図ではこちらの位置。

ターミナル21のB階なので、BTSアソーク駅直結から入ったら、地下へ下がっていきましょう。

リトルステッチ店前

 

 

お店の雰囲気

店内は、オフィス半分とお店半分になっていました。

店内には、ズラリと商品が並べられています。

リトルステッチ店内の様子

旅行に役立ちそうな袋。

バッグ

カワイイ刺繍が入れられるポーチ。

ポーチ

名前入りキーホルダー。

キーホルダー

テーブルナプキン。

テーブルナプキン

その他にもいっぱい可愛いものが!

こんなのを見ると色々オーダーしたくなっちゃいますよね。

 

お直ししたものを確認するために、試着室も用意されていましたよ。

試着室

 

 

お直しの流れ・料金

私は今回、洋服のファスナー修理でお願いしました。

事前にメールで連絡をとってからお店に洋服を持参しましたよ。

対応してくれたのは、日本語がペラペラの女性。

修理をする部分を確認してもらい、申込用紙に必要事項を記入していきました。

引き換え書

内容・仕上がり時期を確認して、料金を支払って申込みは完了になります。

ちなみに今回の修理費用は860バーツ。

 

仕上がりは1週間後。

LINEで仕上がりの連絡があり、受取りにいきましたよ。

完成したファスナーはとっても綺麗に付けられていました。

修理後

ファスナーを閉じた状態

 

修理後

ファスナーを開いた状態

何なら、購入時よりもかなりスムーズに開閉できるようになっていたようなかんじ。

 

 

まとめ

とってもお気に入りのワイドパンツだったので、どうしても諦めきれず今回修理をお願いしました。

お願いして正解!

とっても綺麗に仕上がって大満足です。

お店に行ったときに見たキーホルダーや制服のリメイクが気になったので、次回はオーダーもお願いしてみようかな。

 

 

店舗詳細

  • 店舗名:Little Stitch Shop
  • 住所:B401, B floor : KI 88 Sukhumvit 19 Klongtoey-Nua Watthana, Bangkok 10110
  • TEL:+66-98-246-8198(日本語)/+66-94-178-9874(タイ語)
  • 営業時間:10:00-20:00
  • 定休日:なし(オフィスのみ土日休み)
  • Website:HP / Facebook / Instagram

 

 

-美容・ファッション
-,

PICK UP記事と広告


Copyright© たいろぐ -Thailog- , 2020 All Rights Reserved.