サメット島

【サメット島旅行記】パラディーリゾートで3泊4日子連れ旅

更新日:

https://bangkok-marumi.com

コロナウィルスの影響で4月のソンクラーン休暇が9月に移動し、4連休になった週末。

我が家はシラチャから約1時間半で行けるサメット島へ行ってきましたよ。

宿泊したのは、子供連れにも人気の5つ星ホテル「Paradee Resorts」。

これまで色んなホテルに宿泊してきましたが、群を抜いてベスト1になるくらい素敵なホテルでしたよ。

そんなパラディーリゾートに宿泊した我が家の旅行記をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

パラディーリゾートの場所・行き方

パラディーリゾートの場所

パラディーリゾートは、サメット島内では南部にあるホテルです。

地図ではこの場所。

サメット島は、北部にフェリー乗り場、飲食店、ホテルなどが集中していて賑わっています。

今回我が家が行った南部は、フェリー乗り場からソンテウで15~20分の場所でホテル周辺は良い意味で何もなくゆったりリゾートを過ごすことができますよ。

なので、我が家も4日間はホテルから一歩も出ていません(笑)

サメット島でのホテル選びは、旅行の目的で選ぶと良いかもしれませんね。

 

パラディーリゾートへの行き方

通常、サメット島へはフェリーで行くのが一般的だと思いますが、パラディーリゾートの場合はパラディーリゾート専用のスピードボートで向かいます。

スピードボート出発までの時間はこちらの待合場所で、チェックイン。

チェックイン時には、

  • 部屋のアロマの香り
  • ソープの香り(2種類)
  • お酒(シャンパン、白ワイン、赤ワイン)

が選べましたよ。

待っている間もドリンクを出してくれるので、のんびり待つことができます。

我が家はシラチャから向かったので、スピードボート出発時間ギリギリくらいに到着しましたが、バンコクからくる場合は少し早めに到着してもゆっくり休憩できるので安心です。

出発時間が来たら、カートでスピードボート乗り場まで乗せて行ってくれます。

荷物もチェックイン時に預けてしまっているので、身軽に移動&スピードボートに乗船できましたよ。

スピードボートは約20人乗りの少し大きめのもの。

これがめちゃくちゃ早くて、10分もかからないくらいでサメット島に到着。

本来ならホテルまで直接スピードボートで行けるようなのですが、アフターコロナとあってサメット島のフェリー乗り場で降り、体温チェックなどを受けてから用意してくれていたソンテウでホテルまで移動しました。

 

ホテルに到着すると、お花のブーケでお出迎え。

いくつになってもお花をもらうと嬉しいものですよね。

その後ゴルフカートに乗って、ホテル内の施設を案内してもらった後お部屋まで移動しましたよ。

 

 

ガーデンプールヴィラのお部屋

パラディーリゾートには4タイプの部屋がありますが、我が家が宿泊したのは「ガーデンプールヴィラ」のお部屋。

ちなみに他の部屋タイプは

  • スウィートヴィラ
  • ビーチフロントプールヴィラ
  • ガーデンヴィラ

です。

どの部屋もヴィラタイプで独立しているので、静かでプライベート感がたっぷり。

ホテル内の移動は、ゴルフカートで移動することが出来るので子供連れでも楽ちん。

もちろん自然を感じながら歩いてもOKです。

 

私たちが宿泊したガーデンプールヴィラ(100㎡)のお部屋を少し紹介しますね。

入ってすぐに目につくのが天蓋付きの大きなベッド。

後から分かったのですが、ホテル内は自然がいっぱいで気を付けていても蚊がプーンっと入ってきちゃったりします。

なので、ベッドには蚊帳の役目も果たすカーテンが。

 

さらに奥に進むとかなり大きなお風呂。

家族3人で横に並んで寝転んでもまだ余裕があるくらいの大きさ。

バスタオルは、お風呂用、プール用、ビーチ用と分けられていました。

 

シャワーは天井が開いていて、夜には星空を見ることもできましたよ。

 

そして洗面。

バスソルトやソープまで付いてアメニティも充実していました。

つい1時間ほど前に選んだアロマオイルやソープまで既にセットされているのにビックリ!

トイレが独立しているのも嬉しかったです。

 

プールヴィラなので、テラスにはジャグジー付きプールが。

テラスも広いですよ。

 

ミニバーには、コーヒー、紅茶、アルコール、緑茶まで用意してくれています。

水は無料のものが6本用意されているのですが、ビーチやプールで泳いでいると、ワインクーラーに入ったペットボトルの水を随時用意してくれるので、お部屋の水はほとんど飲みませんでした。

 

こちらチェックイン時に選んだワイン。

「ウェルカムドリンクはなんぼあるねん?」というくらい。

そしてウェルカムフルーツは、毎日新鮮なものを用意してくれちゃいますよ。

その他、ビーチサンダル、ビーチバッグ、ビーチタオルに傘、必要なものはすべてそろっています。

 

 

プライベートビーチ

パラディーリゾートには、宿泊者専用のプライベートビーチがありますよ。

なので、静かで綺麗なビーチでゆったりと過ごすことができます。

ビーチでは、カヤックや、ヨット、シュノーケリングなどが全て無料で体験できます。

ライフジャケットやスコップなどの砂遊びグッズ、ボールなどの道具も全て用意されているので、持参しなくても大丈夫。

 

 

ホテル内のプール

お部屋のプールにも入ったのですが、やっぱり息子は大きいプールが楽しかったみたいです。

ビーチに隣接してインフィニティプールになっているので、見た目よりも大きく感じました。

プールにはバーやレストランも隣接しているので、ビーチサイドでドリンクやアルコールを注文したり、ご飯を食べることもできますよ。

 

 

アフタヌーンティー

パラディーリゾートでは、ランチタイムにデイリーフルーツ。

14時になると、デイリーアイスクリーム。

15時になるとアフタヌーンティーを毎日用意してくれます。

もちろんすべて無料

フルーツ、アイスクリームはもちろん、アフタヌーンティーも本当に美味しくて、毎日堪能しちゃいました(笑)

 

我が家は毎回旅行へ行くとホテル近くにあるコンビニでドリンクやお菓子を買いだめして、冷蔵庫で冷やして置いたりするんです。

「今回は近くにコンビニもないし、どうしようかなぁ」と思っていたんですよね・・・。

が、ドリンクもスウィーツも全部ホテルが用意してくれているから、全く必要なく心配無用でした。

 

 

レストラン

我が家は、4日間ずっとホテルステイだったので食事も全てホテル内のレストランで食べましたよ。

 

朝食

朝食は、ビュッフェ形式。

さらに無料の別メニュー(ハンバーガー、エッグベネディクト、ワンタンスープ、カオトンなど)もあってオーダーすると作って持ってきてくれます。

 

ビュッフェも全て小皿に取り分けられていて、これがまたオシャレ。

味も抜群に美味しかったです。

朝食は前日の22時までにオーダーすれば、お部屋で食べることも可能ですよ。

 

ランチ・ディナータイム

ランチタイムとディナータイムのメニューは同じでした。

メニューはタイ料理はもちろん、イタリアン、キッズメニューまで用意されていましたよ。

我が家が食べた一部を紹介しますね。

マルゲリータピザ

 

ボロネーゼ

パスタはお好みで麺の種類まで選べちゃいますよ。

その他にタイ料理も食べたのですが、どれも美味しかったです。

 

BBQディナー

週末限定のビーチで行われるBBQディナーも。

大人1,400バーツ、子ども700バーツのビュッフェ形式。

カニやエビなどのシーフード、ビーフやラムを始めとするお肉もいっぱい。

夜になるとまた違った雰囲気になるビーチで食べるBBQ料理は、格別でしたよ。

カニが大好きな我が家は、カニばっかり食べちゃってました(笑)

ホテルの人に「日本人はカニが好きなんだなぁ」と印象付けてしまったかもしれません。

 

 

サンセットバー

パラディーリゾートは、サメット島の東海岸にビーチ、西海岸にはサンセットバーがあります。

朝はビーチで朝日、夜はサンセットバーから夕陽と贅沢に両方楽しめるんです。

夕方になると、サンセットバーにはお客さんがいっぱい。

 

宿泊者には、ドリンクが1杯ずつ無料で提供されますよ。

毎日行ったのですが、なかなか綺麗な夕日が見られず残念でしたが・・・。

なかなか日常の中で夕日をゆっくり眺めるなんてことないので、良い雰囲気の中ゆったりした時間を過ごせました。

 

 

まとめ

少し長くなりましたが、パラディーリゾートのレポでした。

写真をたっぷり撮ったので、どれもこれも載せたくてゴチャゴチャして見づらくてすみません・・・。

我が家は利用しなかったのですが、他にライブラリー、フィットネスジム、スパもあって、とっても充実しています。

4日間宿泊してみて、感想を一言でいうと「とにかく至れり尽くせりのホテル」。

痒い所に手が届くサービスが紹介しきれないほどいっぱい!

最後にはチョコレートのお土産までもらい、帰り際にはスタッフ総出でお見送り。

サメット島へまた行くことがあれば「絶対またパラディーリゾートに宿泊したいね」と主人とも話したくらい。

宿泊料金は高いですが、お金を出す価値は断然あるおすすめホテルです。

 

 

ホテル詳細

Paradee Resorts

住所76 Moo 4, Tumbol Phe, Amphur Mueng, Rayong 21160
地図Googleマップで地図を開く
TEL+66(0)38-644-285-7、+66 (0)61-4138-465-67
WebsiteHP / Facebook

 

サメット島のホテルを予約サイトで検索

Booking.com
【c】【公式】トリップアドバイザー
海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイト【タビナカ】

-サメット島
-

© 2020 たいろぐ -Thailog-