1dayトリップ

巨大な龍が巻き付くピンクの塔「ワットサームプラーン」@ナコンパトム

更新日:

https://bangkok-marumi.com

一度何かの写真で見てから、あまりのインパクトに衝撃を受け、ずっと行ってみたかった場所「Wat Samphran(ワットサームプラーン)」。

このお寺高さ80mを越えるピンクの塔に巨大な龍が巻き付いていることで有名なお寺なんです。

調べてみるとバンコクから車で1時間半ほどで行けるナコンパトム県にあるというではありませんか。

先日、ナコンパトムにある「レッドロータスフローティングマーケット」に行った帰りに寄ってみましたよ。

関連記事
蓮池でドローン撮影体験!ナコンパトムのレッドロータス水上マーケット

続きを見る

 

そんなワットサームプラーンは、かなり興味深い場所だったので、お寺の場所や雰囲気、周辺の情報などについてまとめておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ワットサームプラーンの場所

ワットサームプラーンは地図ではこの位置にあります。

我が家は、レッドロータスフローティングマーケットの帰りだったので、タクシーをチャーターして行ってきましたが、

MRTと路線バスを乗り継いでいくこともできます。

MRTの終点まで行き、84番バスに乗るかもしくはそこからタクシーを乗り継いでいきましょう。

帰りも大通りまで出れば、タクシーを拾えそう感じだったので大丈夫だと思いますよ。

 

 

お寺の敷地内&服装

駐車場からピンクの塔へ歩いて向かっていると、週末だったからなのか少し屋台も出ていましたよ。

また、塔の入り口付近には、塔の最上階で祀るお花や赤い布なども売られていました。

 

お寺に入るときの服装は、肩や脚を過剰に出さない服装にしましょう。

注意が気には、キャミソールやミニスカート、お腹が出ている服装はダメと書かれていましたよ。

男性の短パンはOKでした。

 

 

ワットサームプラーンに登る

お寺の入り口で、靴を脱いで入ります。

入ってすぐの1階には、仏様がいっぱい飾られていてとても綺麗でしたよ。

少し奥に進むと、塔を登る階段があります。

階段前にはスタッフの方がいて、ノートに記名して20バーツを入れるように言われました。

1人ずつ20バーツだと思ったら、3人で20バーツでOKだったよう。

その後進んでいくと、大きな入り口が!

どうやら、ただの階段でなく龍の中を進んで最上階まで行けるみたい!

何だかワクワク興奮しながら口の中へ進むと・・・

と、トンネルです!

しかもアスファルトむき出しなので、所々足つぼマッサージのようで痛い!

タイ人は素足で登っていってましたが、できれば靴下持参をおすすめします。

ただ、トンネル内は扇風機も設置されていて意外と涼しい。

ひたすら上ること10分。最上階に到着。

最上階には、木が祀られていてお願い事(?)をぶら下げられるようになっていましたよ。

さらに屋上へ上がると、龍の顔がドーン!

屋上からの眺めはバンコク市内まで見えるほど、とても綺麗でしたよ。

 

たまたまだったのかもしれませんが、子どもや赤ちゃんを連れたタイ人が多く、龍の喉部分に手を置いてお祈りをしていたんです。

子供の健康や成長をお祈りする場所なんですかね?

我が家もタイ人の真似をして、息子の健やかな成長をお祈りしてきました。

 

 

ピンクの塔以外にも見どころいっぱい

ピンクの塔だけかと思いきや、実は敷地内はとても広いんです!

ピンクの塔の隣にある建物。

 

ここには、綺麗な天井画や

大きな仏像もありましたよ。

ここから写真を撮るととっても綺麗にピンクの塔が撮れました。

 

さらに、大きな亀。

口の中から亀の中へ入っていくと、洞窟のようになっていて中にはこんなものが祀られていました。

さらに大きな象に

クジャク

ピンピカの仏様。

他にもうさぎやトラまでありましたよ。

 

 

まとめ

個人的には、なんだかドラクエの雰囲気が感じられたお寺でした。

上るのは大変でしたが最上階からの景色はとても清々しかったですよ。

車がないと行きづらい場所だからなのか、お寺内も空いていてゆっくりと観光できました。

見ごたえのあるお寺なので、ぜひ一度行ってみてくださいね!

 

 

施設詳細

Wat Sampran

  • 住所:92/8 Moo 7, Sam Phran Subdistrict, Sam Phran District, Nakhon Pathom 73110
  • 地図Googleマップで地図を開く
  • TEL:+66-90-624-0591
  • 営業時間:6:00-18:00
  • WebsiteHP

 

 

-1dayトリップ
-, ,

© 2020 たいろぐ -Thailog-