チャチュンサオ

ピンクのガネーシャ像へタクシーチャーターして行ってきた!

更新日:

https://bangkok-marumi.com

巨大なピンクのガネーシャ像で有名な「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」。

願い事が通常の3倍のスピードで叶うというご利益があるお寺で、タイの地元の人はもちろんSNSの影響から観光客にも人気です。

チャチュンサオというバンコクから1時間半ほどの距離にあるので、バスやソンテウなどで観光に行くには大変!

我が家は平日にタクシーを貸し切って行ってきましたよ。

そんなピンクのガネーシャ像へのタクシーのチャーター方法、さらにワット・サマーン・ラッタナーラームの様子や祈願方法、周辺の様子などなど気になることをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

タクシーチャーター方法

タイでタクシーを貸切る方法は色々あります。

タイではかなり便利なタクシー配車アプリGrabを使うという方法が安いとは思うのですが、我が家は一度タクシー予約をして当日キャンセルされたことがあるので、今回は使いませんでした。

 

今回タクシーをお願いしたのは、「TRIPULL」という現地オプショナルツアーを運営している会社。

TRIPULLのホームページから簡単にチャータータクシーの予約ができます。

ちなみにピンクガネーシャまでの料金は、1台3,000バーツ。

ガソリン代、高速料金、チップ全てこみこみの値段なので、3,000バーツぽっきり。

1名~4名まで乗車できるので、最大の4名で行けば1人750バーツということになります。

道中寄り道したいところがあれば、1ヶ所300バーツで寄り道もOK。

我が家は、レストランへ寄り道してもらいましたよ。

ちなみに料金は前払いです。

ABIDECKという運転手付きレンタカーの会社もおすすめ。

 

 

ピンクのガネーシャ像へ

当日マンションまで来てくれたタクシーは、タイでよく見る黄色と緑色のツートンカラーの3人乗りタクシー。

予約日の2~3日前にメールで車の番号や、運転手さんの顔写真などの情報をおくってくれるので安心です。

9時の予約ピッタリに迎えに来てくれました。

乗車すると早速ピンクガネーシャ像があるワット・サマーン・ラッタナーラームまで出発。

1時間半弱で到着。

まずは、黄金の岩がお出迎え。

さらにこんな像まで。

こちらソンテウ乗り場になっていました。

 

この辺りから屋台が両サイドに続いていき、とっても賑やかに。

しばらく歩くと見えてきました!

意外と後ろ髪が長いんですね(笑)

タクシーは、このピンクガネーシャ像のすぐそばで停まってくれましたよ。

 

 

お願い方法

早速ピンクガネーシャ像の元へ。

この日は空気も悪くてかすんでいましたが、それでも綺麗なピンク。

ピンクのガネーシャ像の周りにはカラフルなネズミたちもいますよ。

ここでの祈願方法は独特!

自分の生まれた日の曜日と同じ色のねずみにお願い事を耳打ちします。

曜日の色は以下の通り。

曜日月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜
黄色ピンクオレンジ

生まれた曜日が分からない場合は、以下のサイトで簡単に検索できますよ。

 

耳打ちする際には、願い事が漏れないようにねずみの片方の耳をふさぎながら、もう片方にささやくようにしましょう。

ねずみさんがガネーシャに願い事を届けてくれますよ。

さらに、ピンクのガネーシャ像の前には赤色のねずみと、その両サイドに薄い黄色のねずみが2頭います。

この両サイドにいる薄黄色のねずみは、金運をもたらすねずみ。

同じように片耳をふさぎながらお願い事をしてみましょう。

タイ人には、この薄黄色のねずみが大人気でした。

 

 

他にも見どころいっぱい

他にもお祈り場所が。

ガネーシャ像の丁度反対側にお祈り場所がありました。

ガネーシャ像の横にお線香と花が売っているので、こちらで祈祷してもいいですね。

 

さらに、コインを投げる運試し的なものもありました。

何回コインが入るかで、結果が変わるようで・・・書かれていたのですがタイ文字で読めず・・・。

ガネーシャ像に負けず劣らず大きな仏像も。

中は博物館のようになっていて、こちらにもお祈りしている人が。

この手前の赤い像。タイの銀行やお金に描かれていますよね。

金運にご利益があるのかな?お札がいっぱい握らされていました。

なぜか敷地内には、ドラえもんやピカチュウ、ドラゴンボールといった日本のアニメの人形がいっぱい。

無料のトイレにまで、ドラえもんが・・・。

タイ人に人気なんでしょね。

 

 

ランチ

ピンクのガネーシャ像のすぐ近くには露店がいっぱい並んでいるので、こちらでランチを食べることが出来ます。

ただ、ローカル感たっぷりなので、よほど慣れた人でないと厳しいかも。

安くてとっても美味しそうでしたけどね。

我が家は、ピンクのガネーシャ像から車で20分ほどの場所にある「BAN MAI RIM NAM RESTRAUNT」で食事をしましたよ。

 

 

まとめ

バンコクから1時間半かけて行って観光は30分ほどでしたが、ピンクのガネーシャ像の他にも面白いものがいっぱいあって楽しかったです。

平日の午前中だったからか、まったく混雑しておらず、ゆっくりとねずみさんにお願い事を伝えることができましたよ。

TRIPULLでチャーターしてくれたタクシーの運転手さんがとってもいい人で楽しい観光になりました。

スマホを使って日本語訳して説明してくれたりと、とても親切。

半日あれば帰ってくることが出来るので、ショートトリップにおすすめ。

本当に願いが3倍速で叶うといいなぁ。

 

 

TRIPULL詳細

  • Website:HP
  • 料金:3,000バーツ/1台

 

ワット・サマーン・ラッタナーラーム詳細

 

 

-チャチュンサオ
-, , ,

PICK UP記事と広告


Copyright© たいろぐ -Thailog- , 2020 All Rights Reserved.