生活情報

タイのマックスバリューでお得なHappyCardを無料で作っておこう!

投稿日:

バンコクに住んでいた頃は、利用するスーパーはフジスーパーかグルメマーケットが多かった我が家。

が、シラチャに引っ越してきてからはMaxValu(マックスバリュー)が多くなりました。

日本でもお馴染みのAeon(イオン)が経営するスーパーなので、日本の食品も沢山扱われているので重宝しています。

そんなマックスバリューで会計時に「ハッピーカード ミー マイ カー」とよくたずねられます。

最初はハッピーカードの存在も知らなかったし、調べる余裕すらもなかった私は「マイミー マイミー」と連呼(笑)

つい先日、マックスバリュー入り口前でハッピーカードと書かれたポスターを読んでいると、お得情報が満載!

「これは作らねば!」とポイント集めるのが大好きな私は、ハッピーカードを作っちゃいました。

前置きが長くなっちゃいましたが・・・今回はそんなハッピーカードの作り方やお得情報について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

HappyCardって?

簡単にいうとマックスバリューで使えるポイントカードです。

正式名称は「AEON HAPPY CARD」。

買い物する金額に応じてポイントが貯まっていき、貯まったポイントは精算時に使用できるというもの。

ポイントカードというのは名ばかりで、カードは実在しません。

他のお店とは特別変わったポイントではありませんが、無料で簡単に作ることができるのでマックスバリューを利用する方なら作っておくとお得なのではないでしょうか。

年会費・入会金ともに無料

 

 

ポイント制度

ポイントの獲得方法は以下の通りです。

  • 25バーツ購入ごとに1ポイント
  • 誕生日月はポイント2倍
  • レジ袋持参で3ポイント

 

また、1年間の利用金額によって会員ランクが決定し、1ポイント当たりの獲得使用金額が異なります。

会員ランク利用金額(1年)ポイント
レギュラー特になし25バーツ購入ごとに1ポイント
シルバー40,000バーツ24バーツ購入ごとに1ポイント
ゴールド100,000バーツ23バーツ購入ごとに1ポイント
プラチナム150,000バーツ22バーツ購入ごとに1ポイント

 

 

ハッピーカードの作り方

ハッピーカードの作り方は2通り。

  1. マックスバリューのサービスカウンター
  2. ホームページから

どちらも簡単に作ることが出来ますが私はホームページ上から作ったので、ホームページからの作り方を紹介しますね。

 

まずは下のボタンからマックスバリューのホームページを開いて、会員登録ページへ進みましょう。

MaxValuのホームページへ

 

タイ語表記になっている場合は、右上の国旗マークから言語を選択しましょう。

その後、「Sign Up」ボタンをクリックして登録画面へ進みましょう。

 

ポイントカードの利用規約が表示されるので、一番下にチェックを入れて「Next」をクリック。

 

個人情報を入力していきます。

パスワードは8桁で設定しましょう。

タイ人以外は「Other Nationality」を選択して、パスポート番号を入力。

 

以下、個人情報入力の続きです。例のように入力しましょう。

住所は、イオンシラチャ ショッピングセンターの住所【165/133 moo 10 Tambol Surasak, Amphur Sriracha, Chonburi Province 20110】を例に書いています。

四角で囲まれている部分はアンケートのため、回答しなくてもOK。

入力が完了したら「Next」をクリックして次へ進みます。

 

以下のような画面が表示されればOK。登録したメールアドレスへAEONからメッセージが届きます。

 

メールの内容はこんな感じ。メール内のリンクをクリックして、登録完了させましょう。

何故か私のメールは英語の方のリンクはエラーが出たので、タイ語の方をクリックしました。どちらでも同じなじ内容なので、どちらでもOKかと。

 

リンクをクリックすると、ハッピーカードのID番号が表示されますよ。

これで登録は完了です。お疲れ様でした。

お会計時には、登録した電話番号を店員さんに伝えればOK。

上記のリンクから「Sgin In」すると、現在のポイント確認や登録情報を変更することも可能です。

 

 

まとめ

こんなに簡単に作ることが出来るなら、もっと早く作っておけば良かったと後悔・・・。

引越ししてきたときにはマックスバリューで結構買い出ししてたからなぁ。

マックスバリュー利用する方はぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

-生活情報
-, , ,

© 2020 たいろぐ -Thailog-