クラビ

年末年始の子連れクラビ旅行記2019-2020

更新日:

https://bangkok-marumi.com

年末年始の家族旅行で、初めてのクラビへ旅行に行ってきました。

今回の旅行は贅沢に5泊6日。

宿泊先や食べたもの、おすすめのレストラン、行ったところ、やったことなどなど、個人的な記録として残しておきたいと思います。

このまとめた記事が誰かのクラビ旅行での役に立てば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

1日目(12月31日)

日本と違いタイではギリギリまで仕事があり、旅行出発日が31日の大晦日。

それでもバンコクから1時間強で着くのはありがたい!

到着したのは、クラビ国際空港の国内線。

ここからホテルまで乗り合いバンでアオナンビーチ近くのホテルまで40分ほど。

 

ホテルに到着したのは、お昼頃。

今回我が家が宿泊したホテルがディーバナプラザクラビアオナン。

 

お昼ご飯はルームサービス取り、午後はホテルのプールでのんびり過ごしましたよ。

夕飯は、アオナンビーチ沿いで。

アオナンビーチ沿い

アオナンビーチ沿いの風景

行こうと思っていたレストランが、カウントダウンのため予約ですべて埋まっているという状態・・・。

予約しておかないといけなかったなんて・・・凡ミス。次回の勉強になりました。

そこで行ったお店がアオナンビーチ沿いにある「Green Curry」というお店。

意外と美味しくて景色も良くてオススメ。

アオナンビーチの夕日

アオナンビーチの夕日

 

夕食後、ホテル近くの「アオナンナイトマーケット」へ。

アオナンナイトマーケット

ちょっとしたお土産物や食事も出来ましたよ。

アオナンナイトマーケット

フルーツジュースやアイスを買いに寄ったりと、旅行中何度も行っちゃいました。

小さいステージもあって、小さい子がタイ舞踊を踊っていたのが印象的。

 

カウントダウンは、息子が寝てから夫婦でホテルのテラスから見ました。

ロイカトンのようにランタンが上がり、花火も盛大でとても綺麗でしたよ。

 

 

2日目(1月1日)

朝から、アオナンビーチへ。

アオナンビーチ沿い

そこからロングテールボートに乗って、ライレイビーチへ。

ビーチで夕方までのんびり過ごしました。

 

夕飯は、Diver's Inn Steak Houseでお肉をモリモリ食べましたよ。

いっぱい遊んでお腹が空いてたからお肉が美味しかった!

 

 

3日目(1月2日)

この日は朝早くから準備して、アイランドホッピングツアーへ。

船でないといけないビーチへ行って泳いだり、シュノーケリングをしたりと、とても充実した1日になりました。

 

ツアーから帰ってきて、夕飯へ。

息子がツアーでゴーグルを無くしてしまい、アオナンビーチ沿いでゴーグルを探して買い、そのまま周辺で夜ご飯を食べることに。

この日は「Tanta Restaurant」で、ピザ・タイ料理を食べましたよ。

 

 

4日目(1月3日)

この日は、前日の疲れもあったのか息子は「プールが良い」というので、ホテルのプール沿いでのんびり過ごしました。

お昼ご飯は、ホテル近くにある「KoDam Kitchen」へ。

kodam kitchen

 

夕飯は、これまたホテル近くのイタリアン「Umberto's Cuisine」へ。

Umberto's Cuisineの店内

この日のランチとディナーで利用した両店は本当に美味しかったのでアオナンビーチへ旅行に来たらぜひ行ってほしいおすすめのお店!

 

 

5日目(1月4日)

息子が少しお腹を壊し気味だったので、この日もビーチへ行かずプールでのんびり過ごしましたよ。

ランチは、「Lae Lay Grill」へ。

Lae Lay Grillの店内

最高に眺めのいい雰囲気抜群のお店でしたよ。

 

その後は、少し足を延ばしてクラビタウンへ。

アオナンビーチ沿いから30分ほどで到着。

見てみたかった原始人信号や

原始人の信号機

黒いカニ

クラビタウンの黒いカニのモニュメント

クラビタウンのナイトマーケットは無理でしたが、洞窟探索ツアーに偶然参加することに。

クラビナイトマーケット

これがかなり楽しくて、みんなにおすすめしたいくらい!

洞窟は神秘的で、マングローブの森も初めて近くで見て大興奮!

 

クラビで最後の夜ご飯は、タイ料理屋イタリアンに飽きコンビニでおにぎりを買って、年越しそばにと持ってきていたカップラーメンをホテルで食べました(笑)

この日食べたおにぎりが美味しかった!!

 

 

6日目(1月5日)

この日は帰るのみの予定でした。

 

 

クラビでの移動手段

アオナンビーチ周辺では、タクシーがほぼ走っておらず。

我が家が重宝したのが、バイクタクシー。

バクタクシー

バンコクのバイタクと違って、バイクに乗車シートが付けられていて4人ほど乗れるようになっています。

ビーチ周辺なら片道100バーツでお願いした場所まで行ってくれ、涼しくて快適!

 

あとは、シーロー。

シーロー

行先と値段が書かれた垂れ幕がシーローに表示されているので、明朗会計!

我が家はほとんど使いませんでしたが、クラビタウンまでは500バーツと書かれていました。

ちなみに我が家がクラビタウンへ行ったときは、道端にいたミニバンの運転手さんにお願いして乗せてもらいましたよ。

片道400バーツ。

帰りも待っていてもらい、ホテルまで乗せて帰ってもらいました。

クラビタウンまでなら、シーローよりミニバンの方が安いというのが変な感じですね。

 

あとは、バイクのレンタルも安くできたので、運転できる人はバイクをレンタルしちゃった方が良いかも。

 

 

まとめ

クラビ旅行、ほんとうに楽しかったです。

子どもも一緒の旅行だったので、基本のんびり旅行でしたが、やりたかったアイランドホッピングも出来たし大満足!

また行きたいくらい大好きな街になりました。

年末年始とあってか日本人も多く見かけましたが、基本ファランが多い印象。

海も綺麗だったし、次回行ったときにはピピ島ツアーへ参加したいなぁ。

 

-クラビ
-,

© 2020 たいろぐ -Thailog-