飲食店

【Lhong Tou Cafe(ロントウカフェ】お粥が有名!写真映えするオシャレカフェ

更新日:

https://bangkok-marumi.com

本帰国が決まった友達が「最後のヤワラート散策に行きたい!」というので、幼稚園バスを見送って課外から帰ってくる夕方までの半日ヤワラート散策へ。

一番最初に行ったのが、観光客にも人気のおしゃれカフェ「Lhong Tou Cafe(ロン・トウ・カフェ)」。

このお店のおかゆが有名で、朝ごはんを抜いて行き、ロントウカフェで朝粥をすることに。

そんなロントウカフェのメニューや店内の雰囲気などをまとめてみましたよ。

 

スポンサーリンク

 

 

ロントウカフェの場所

ロントウカフェは、バンコクの中華街の中心をはしるヤワラート通り沿いにあります。

地図ではこちらの場所。

MRTワットマンコン駅1番出口からエスカレーターを上がってすぐ、写真のような細い通り(Plaeng Namaeng Nam通り)に出ます。

左へ進み道なりに真っすぐ進んでいきましょう。

すると片側3車線ほどある大きい通りヤワラート通りに出ます。

ヤワラート通りに出たら左折し、通り沿いを歩いて行きましょう。

ロントウカフェは、右手側にあるのでどこか良いタイミングでヤワラート通りを渡っておくと良いですよ。

信号や横断歩道がほとんどない中を渡るのは、日本人にとってはかなり勇気のいること。

タイに来た頃は、車に引かれないちゃわないかと冷や冷やしたものです。

おすすめは、道路を渡りそうなタイ人の後ろをついて渡ること(笑)

ロントウカフェの入り口はこんな感じ。

ヤワラート通りはカラフルで人も多くごちゃごちゃしているので、お店を見逃さないように注意!

 

 

店内の雰囲気

私が行ったときは、朝も早かったからか他に1組のみで比較的空いていました。

行列ができるほどの人気店と聞いていたので、一安心。

 

店内は、こんな感じで2階建て式になっているのが特徴。

1階はこんな感じで半個室感がありましたよ。

反対側の壁は、カウンターと小さいテーブルがあるのみ。

丸いテーブルも可愛いけど、やっぱりに登って写真を撮りたくなっちゃいますよね。

 

 

メニュー

メニューは、このお店の人気であるお粥の他に点心

ドリンクも豊富にありましたよ。

どれも写真映えを狙っているのか、とっても可愛い!

 

私が注文したのは、もちろんお粥。

丸いせいろの中に8つものカラフルな小鉢がついてきます。

他にも行きたいお店があったので、もう一つお粥のみだけ注文して、小鉢はシェアして食べましたよ。

どの小鉢も初めて見るものばかりだったんだけど、どれも美味しくてお粥に合う!

あっという間にペロリ。

 

ドリンクも注文しましたよ。

手前はバタフライピー、奥はプラムのソーダ。

どちらもサッパリと美味しかったですよ。

 

 

まとめ

見た目だけじゃなくて、味も美味しいのでとってもおすすめ。

店員さんは英語も少し通じましたよ。

ちなみにマーケットバンコクにも2号店があります。

ショッピングついでに行くなら、マーケットバンコク内の方がおすすめですよ。

関連記事
The Market Bangkokへの行き方。お店などの紹介。

続きを見る

 

お会計

  • チャイニーズブレックファースト(お粥セット) 129B
  • お粥(追加) 15B
  • バタフライピー 70B
  • プラムソーダ 70B
  • VAT 19.88B

合計 304B

 

 

店舗詳細

Lhong Tou Cafe

 

こちらの人気店もCHECK

【Tiew Kiew Yak】バンコク中華街でおすすめ!大人気ワンタン麺のお店

続きを見る

ヤワラートのおしゃれ安い食器屋。Francfrancもあるよ!

続きを見る

ヤワラートでマクラメ糸を買うなら【スワン】が王道!行き方紹介

続きを見る

 

-飲食店
-,

© 2020 たいろぐ -Thailog-